省エネアイデア

 

省エネ生活の知恵

 

 1.荷造り紐が絡まないために

 

荷造りひもや麻ひもなどは使う内に絡まって扱いにくいものです。イライラしないためには、紐の束(内側からほどいてゆくもの)を以下のようにします。人のストレスを減らすのも省エネ活動です。

 

1)ヒモカラマズ1

 

 新しいひもを買ってきて、ラップに包まれている場合は、注意してラップの中心に穴をあけ、紐の端を引き出し、ボール紙をドーナツ形に切っておいて、その穴にひもを通し、ラップの上に置いて周りをセロテープではりつけます。(写真1上左)

 

ラップは弱いので時に破れてしまいます。そういう時は、

 

2)ヒモカラマズ2

 

 ビニール袋(せんべいなどの入った少しシャリシャリする固いのが最適)に入れ、ビニールホースなどを切り取って(細めの管など何でもいい)、紐を管に通して引き出し、管をビニール袋の出口に輪ゴムやひもで止めます。(図2、写真2上右)

 

 両方とも、ひもを引っ張り必要なだけ出して、少し出口から余して切ると、紐が少し出ているので、次に使う時に便利、ほとんどからまず最後まで使えます。2の方が長持ちしますので最初から2にした方が良いでしょう。