市民が創る うべの未来

あなたが創る

エネルギーの未来!



お宅に太陽光発電設備を乗せたらいくら発電?年間の発電量

推定値がすぐ出せます。👈ここをクリック!


市民共同発電うべ      9月24日更新

9月24各学校発電所の合計発電量は、下記各学校名をクリックしてください。

藤山中学校発電所

上宇部中学校発電所

常盤中学校発電所

西岐波中学校発電所

 藤山、上宇部の2校はCIS系太陽電池、常盤、西岐波の2校はSi系です。

売電収入 市民共同発電の全量買取による売電収入は、各発電所の合計発電量に24円を乗じると出ます! 9月23日までの合計は

 7,089[kWh]✖24[円/kWh]=170,126[円]

 

CIS系太陽電池銅Cu、インジウムIn、セレンSeからなる化合物半導体を用いた太陽電池

Si系太陽電池ケイ素Siの結晶からなる半導体、ここでは多結晶を用いた太陽電池

 

 データ取得は「エコめがね」(株式会社 NTT スマイルエナジー)を用いています。


8月28日 宇部市との公共建物等への太陽光発電設備設置の契約

        宇部市との契約の様子の写真をご覧ください。


        学校太陽光発電所設置

2017年8月28日、宇部市立藤山中学常盤中学上宇部中学西岐波中学の各19.8kWの太陽光発電設備工事が終わり、中国電力との連係工事も済んで、売電可能となりました。残るは、表示装置や種々の確認チェックのみです。市民共同発電が始まります!

以下、建設のスナップ写真です。

 

7月31日

ついに藤山中学校の体育館わきで、太陽光発電設備建設用の足場の組立が始まりました。

宇部市との契約のページをご覧ください!

 

 

 

8月3日

藤山中学のPV設置工事の様子。パネルはほとんど敷設し終りました。

日曜日から台風5号の来襲が予想され、これに対処しなければなりません!

新品のCISのパネルは真っ黒できれいです。地表でも34℃の炎天下、作業をする人々は大変です。

8月5日、藤山中学のパネル敷設が終わりました。台風5号の接近に備えるため、午前中に建設用の足場が撤去されました。

8月16日 常盤中学体育館屋根への太陽光発電パネル敷設完了、足場の撤去

     上宇部中学体育館太陽光発電設備設置用足場の組立

 上宇部中学の工事、8月19日には、パネルの設置がほぼ終わりました。パワーコンディショナーが搬入されています。

 残るは、西岐波中学の設置工事のみです。

 今夏の4校の工事が安全第一で、無事に終わるよう願っています。

8月21日、今夏最後の西岐波中学のPV設置工事が始まりました。雨が近づいているので急がなければ、パネルを取り付ける金具を、電動トルクレンチで取り付けてゆきます。

 

 

 

8月23日、西岐波中のパネル敷設作業が進行しています。今日も炎天下の作業です。積まれたパネルがだんだん減ってゆきます。

8月24日、西岐波中学校でパワーコンディショナー設置後、その上部に「エコめがね」装置を取り付けました。これは、太陽光発電の発電量を常時測定し、オンラインでモニターできる装置です。